〒108-0073 東京都港区三田1-1-15 Azabu 3F

別注品のオリジナルグッズ・ノベルティの専門会社

アイグッズガバナンス

governance
アイグッズガバナンス

新型コロナウイルス
対策グッズの購入はこちら

新型コロナウイルス対策グッズ 新型コロナウイルス対策グッズ

内部統制システムの確実な運用と情報開示に努め、
コンプライアンスの啓発・教育にも力を入れています。

1.基本方針

基本方針

この行動規範は、アイグッズ株式会社の役職員、派遣社員やアルバイトを含む従業員およびこれらを代理する者の全てが守るべき、法的および倫理的な行動規範です。
また、アイグッズ役職員に、確かな倫理観に基づく行動を促す規範として「アイグッズガバナンス」を定めています。

2.利益相反の回避

○ 利益相反

利益相反

利益相反とは、会社の利益のためだけに業務を遂行することを妨げるような個人的な関係または経済的利益があり、または、会社での立場を個人の利益のため不適切に利用することをいいます。
アイグッズ役職員は、このような状況が発生することを厳に回避する必要があります。

○ 贈答品について

贈答品について

私たちは、お取引先企業様に対して、可能な限り余計なコストを削減し、適正価格で他社よりも更に良い製品・サービスの提供を目指しています。
そのため、お歳暮・お中元などの贈答品の受け渡しを推奨いたしません。

○ 接待について

接待について

私たちは、製品の受発注を行う際、お取引先企業様に対して、接待交際を要求することも、お受けすることも原則禁止しています。
私たちが目指すのは、私たちの提供する製品・サービスの企画提案力や、製品・サービスその物でお取引先企業様に価値を提供し、ご指名いただける関係であり、ビジネスを超えた人間関係によってご発注をいただくことではありません。

○ 会社資産の保護と適切な使用

会社資産の保護と適切な使用

アイグッズの資産(情報資産を含む)を不適切な方法により破棄または紛失すると、会社に深刻な損害を与える恐れがあります。
そのため、アイグッズ役職員には、アイグッズのセキュリティポリシーに則り、アイグッズの資産を大切に利用する責任があります。
また、アイグッズの資産は、自己または第三者の利益を図る目的で一切使用せず、業務目的でのみ使用するものとします。

3.お取引先企業様に対する責任

○ 機密保持およびプライバシー

機密保持およびプライバシー

アイグッズは、フルオーダーメイドオリジナルグッズを通じてお取引先企業様のブランドイメージをさらに高めるようなサービスを提供しています。そのような事業者として、我々は、お取引先企業様の未公開情報の取扱いに注意を払い、プライバシーを適切に保護することによって生まれる信頼の上に成り立っています。そのため、機密情報の取扱いに関する法令等を遵守しています。
更に、インターネットやSNS等の使用に関しては、業務に関する一切の情報発信を禁じています。また、お取引先企業様のロゴやデザインデータなどにつきましては、お取引先企業様が定める個別の取り決めに基づき、対処いたします。

○ 公正な取引と責任あるマーケティング

公正な取引と責任あるマーケティング

アイグッズ役職員は、お取引先企業様に対して公正かつ誠実でなければならず、重要な事実を隠蔽したりして取引をしてはいけません。そこで、たとえば競合他社や競合他社のサービスに言及したりそれらと比較する場合、法令等に従うとともに、人を欺いたり、誤解を生じさせたりしないよう注意を払う必要があります。
また、アイグッズおよびアイグッズのサービスに関する全ての情報は、公正かつ的確に発信される よう注意を払う必要があります。

○ 品質に向き合う姿勢

品質に向き合う姿勢 品質に向き合う姿勢

アイグッズは製造企業の使命として、お取引先企業様への安全な商品提供を最優先課題とし、全役職員に対して、リスクマネジメント、リスクコミュニケーションに関する教育・啓発を実施するなど、品質リスクへの対応を強化しています。
また、その実現を目指し、「仕組み」「社風」「行動」という以下三つの観点からお取引先企業様の品質を守る取り組みを実施しています。
品質に対して、お取引先企業様に常に安心してもらえるよう、第三者機関、中国QCスタッフとも連携し、生産工程により着目した「仕組み」
社員全員が品質に対して共通した意識を持ち、お取引先企業様が求める品質に目を背けることなく、常に向き合い続ける「社風」
品質トラブルをなくすことを目指した事前対策(予防治療)を徹底した「行動」

○ 営業秘密の公表等の禁止

営業秘密の公表等の禁止

アイグッズ役職員は、在職中のみならずたとえ退職後であっても、アイグッズの営業秘密を、会社の許可無く外部に公表してはなりません。ここでいう営業秘密には、製品、技術、ノウハウなど機密に属する情報だけでなく、対外的に公開されていない業務関連事項を含みます。
また、第三者に対し、第三者の営業秘密の開示を促すようなことがあってはいけません。

4.社会に対する誓約

○ 法令等の遵守

法令等の遵守

アイグッズが、ミッション遂行を目指し継続的に成長し、世の中に貢献していくためには、法令または規則等を遵守していくことが不可欠です。そのため、アイグッズは、法令等を遵守して全ての事業活動を行います。
アイグッズ役職員には、自身が関与する事業にかかわる法的規制を遵守する責任があります。
また、法令等に違反しない場合であったとしても、道徳や倫理に沿った行動を行うことがアイグッズ役職員としての務めです。

○ 多様性の理解と差別やハラスメントの禁止

多様性の理解と差別やハラスメントの禁止

アイグッズは、中国・ベトナムをはじめとする海外での生産活動を行いながら成長を続けています。人種、宗教、性別(性的指向)、国籍、社会的関係などの多様性を理解することは、法的かつ社会的責務であるとともに、事業活動を一層促進させることに繋がります。
そのため、アイグッズは、アイグッズ役職員、その他の従業員が、法令等に違反する差別やハラスメントを行うことを容認しません。これに違反する通報を受けた場合、アイグッズは直ちに対応するとともに、報告者を報復から保護します。

○ 社会への貢献

社会への貢献

アイグッズは、ミッションを遂行することの他に、持続可能な開発目標(SDGs)などの達成を目指して、さまざまな社会課題に真摯に向き合うとともに、事業を通じて社会や環境に良い影響をもたらすことで、持続可能な社会づくりに貢献します。
アイグッズ役職員が、このような活動にも関心を払い、これら活動に積極的に参画すること、または支援することを奨励します。

5.報告・調査

○ 報告と報復行為の禁止

報告と報復行為の禁止

アイグッズ役職員が、本行動規範違反の疑いがある行為を発見した場合、上長、人事、管理部などの部署に相談する義務があります。
なお、誠実な通報者や情報提供者などに対する報復やいやがらせは、厳に禁止されています。

○ 懲戒処分

懲戒処分

アイグッズ役職員は、業務を遂行するに際して法令等に従うことが雇用条件とされています。
万が一、本行動規範や法令等に違反した場合、最大で解雇を含む適切な懲戒処分が課されることがあり、また、当該事実が警察を含む行政機関へ通報され、さらには、民事上刑事上のペナルティが課されることもあります。

2018/01/06 制定
2020/06/24 改定

関連コンテンツ