〒108-0073 東京都港区三田1-1-15 Azabu 3F

別注品のオリジナルグッズ・ノベルティの専門会社

新型コロナウイルス
対策グッズの購入はこちら

新型コロナウイルス対策グッズ 新型コロナウイルス対策グッズ

2021.06.01 UP!

「SUS CPLA スプーン/フォーク」新発売

フルオーダーオリジナルグッズの専門会社であるアイグッズ株式会社(本社:東京都港区)は、この度ものづくりを介して行うSDGs事業を開始しました。第一弾として、生分解性プラスチックで廃棄後自然に還るエコ素材のカトラリー「 スプーン」「 フォーク」の2種類を2021年6月1日に販売開始いたします。

「SUS CPLA スプーン/フォーク」新発売

自然に還るeco素材のカトラリー「SUS CPLA」

SDGs事業第一弾として発売する「SUS CPLA」は、自然に還るeco素材を使用したスプーン・フォークです。廃棄されると水と二酸化炭素に分解されるため、昨今問題視されがちな飲食店やコンビニエンスストアなどのテイクアウトで使い捨てされるカトラリーの換えとして使用でき、脱プラスチックにつながります。

自然に還るeco素材のカトラリー「SUS CPLA」

耐熱は85度なので、熱々のスープにも使用でき、便利な個包装タイプと大袋に入っているバラ売りタイプの2パターンを展開。スーパーやコンビニ、飲食店・社員食堂・レストランなどのテイクアウト・デリバリー用、またイベントでの屋台の出店など、幅広くご利用いただけます。
サステナブル素材を使った製品を企業活動や飲食店に導入することは、それまで使用していたものを新たに置き換えるだけなので実現のハードルが低く、SDGsへの一歩を踏み出すのに適しています。

耐熱は85度なので、熱々のスープにも使用でき、便利な個包装タイプと大袋に入っているバラ売りタイプの2パターンを展開。

【生分解性プラスチックとは】

【生分解性プラスチックとは】

製品として使用するときには従来のプラスチック同様の性状と機能を維持しつつ、使用後は自然界の微生物などの働きによって生分解され、最終的には水と二酸化炭素に完全に分解されるプラスチックのこと。
一般的なプラスチックごみは、量がかさばるため廃棄物処理の際に大きな負担になります。また、自然環境中へ捨てられたり、散逸した場合、腐食しにくいため、いつまでも残ってしまうという問題もあります。その点、生分解性プラスチックは、廃棄の際に水と二酸化炭素に分解されるため、資源の再利用が可能です。

※生分解性する時間は、土や気温の条件によって長年かかる場合があります。

企業のSDGsの取り組みを、もっと手軽に。アイグッズがサステナブルグッズを手がけた理由

現在様々な企業がこのSDGsの活動に賛同し、積極的に取り組んでいます。ただSDGsは取り扱う社会課題が広く、自社でどういった活動を通して貢献したら良いかが分からないといった悩みを抱えている企業も少なくありません。また、予算との調整やエコであることの信憑性を証明することに、企業担当者が翻弄しているという声も聞きました。そういった企業のSDGsへの取り組み課題を解消するべく、取り入れやすいサステナブルグッズの生産に至りました。
「sustainable(サステナブル)」の頭文字を取ったこちらのシリーズは、当社が工場直結で生産する背景を活かし、一般的なエコ製品よりもコストを抑えて生産されています。さらになぜエコなのかという根拠・データも、今後製品ごとに細かに開示していきます。

企業の皆様が少しでも取り入れやすい施策を講じ、社会にSDGsの輪を広げてまいります。

企業の皆様が少しでも取り入れやすい施策を講じ、社会にSDGsの輪を広げてまいります。

【商品概要】

商品名 SUS CPLAスプーン
個包装/バラ
SUS CPLAフォーク
個包装/バラ
品番 IGCP01 / IGCP03 IGCP02 / IGCP04
本体サイズ 160mm 170mm
素材 CPLA
出荷単位 1,000本/カートン
包装形態 個包装:紙 / バラ:大袋入れ
価格 ロット数によって変動あり。詳しくはHPをご覧ください
https://www.i-goods.co.jp/sustainable/cutlery/

※個人向けの小口販売は現在行っておりません。ご了承ください。

■販売場所
アイグッズ株式会社コーポレートサイト サステナブルページ
https://www.i-goods.co.jp/sustainable/cutlery/
※見積依頼は、お問い合わせフォームからお申し込みください。

■商品に関するお問い合わせ先
アイグッズ株式会社 SUSブランド 製品開発チーム
フリーダイヤル 0120-83-6333
Email info@i-goods.co.jp

関連コンテンツ