〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-23-23
恵比寿スクエア6F

別注品のオリジナルグッズ・ノベルティの専門会社

新型コロナウイルス
対策グッズの購入はこちら

新型コロナウイルス対策グッズ 新型コロナウイルス対策グッズ

2021.08.18 UP!

思い出が形に残るオフィスペイントで、社内活性化
新オフィス移転セレモニーレポート
感染対策を考慮 コロナ禍でも叶う社内イベント実施

感染対策を考慮 コロナ禍でも叶う社内イベント実施

オリジナルグッズの企画生産を手がけるアイグッズ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、2021年7月16日新オフィス移転を記念し、社内セレモニーを開催しました。コロナ禍でオフィス不要論が叫ばれている中、当社は「活発なコミュニケーションこそ企業活動を活性化させる」という思いの元、376平米の旧オフィスから847平米の新社屋に引越し、工夫を凝らしたこだわりのオフィスを完成させました。さらに「こんな時だからこそ思い出を形に残す」ことをテーマに社員全員が参加するイベントを、感染対策を考慮しながら実施しました。

社員全員の手形で 1本の木を完成

移転セレモニーの目玉となったのは、web会議室の壁ペイントです。昨年よりオンラインでの商談が増えたこともあり、新オフィスには、社員40名に対して15室もの個室web会議室を配置しました。ペイントは1名ずつ部屋に入って行うため密を避けられ、このような状況下でも安全を担保しながら実施できます。「チームワーク」がテーマの会議室の壁に木の幹を描き、社員の手形を葉っぱに見立て着色し、1本の木を完成させました。当社の「1000年成長し続ける会社をつくる」という企業ビジョンに合わせ、木の年輪のように太く永く、全員で成長し続けるという想いを込めています。

参加した社員からは「日々大切にしている“チームワーク”が、こうして形になって嬉しい」「この部屋に入るたびに移転セレモニーのことを思い出し、初心を思い出すきっかけになる」といった声が上がり、愛社心を育める時間となりました。

当社マスコットキャラクターのアイくんも描く
当社マスコットキャラクターのアイくんも描く

「さらに愛され続ける企業へ」 代表コメント

セレモニー序盤では、代表三木より社員へ激励の言葉が送られました。マンションの一室から始まった創業当時の写真から社歴を振り返り、「当初は人数も少なく、できることも限られていた。ただ誠実に着実に一歩ずつお客様と歩み続け、創業から5年が経った現在、たくさんの仲間を迎え入れこのようなオフィスを構えることができた。日々お客様の期待に応え尽力してくれた社員に感謝の気持ちを伝えると共に、ここで満足するのではなく、さらにお客様から愛され続け、社会に大きく貢献できる私たちでい続けたい」と述べました。

「さらに愛され続ける企業へ」 代表コメント
アイグッズ(株)代表 三木章平

内定者紹介など 社内イベントをフル活用し組織力を活性

今回のセレモニーでは2022年に入社する内定者9名も招き、全社員との顔合わせの機会を設けました。参加した内定者からは、「社内イベントが少なくなっている状況下でも、こうして就職先の様子を直接知れる機会があり安心感に繋がった。」「普段話したことがないような部署の社員とも交流を行うことで、来年から働くイメージを鮮明にすることができた」との声が上がりました。社内育成に力を入れている当社だからこそ、こうした早いうちからの信頼関係の醸成を大切にしています。当社の内定者は、入社をする4月まで、助走期間として社内アルバイトに励む予定です。

内定者紹介など 社内イベントをフル活用し組織力を活性

当社では、こうした”オフィス移転”など1つのイベントを取っても、さまざまな企画を設けることで社員の思い出作りを実現し、来年以降の企業体制を盤石にしていくことを大切にしています。社員がより仕事をしやすく、楽しく働ける環境を整えることで、今後も顧客のニーズに合ったグッズを提供してまいります。

【新オフィス移転セレモニー概要】

所在地: 東京都渋谷区恵比寿1-23-23 恵比寿スクエア6F
実施日: 2021年7月16日
内容 :
・経営幹部挨拶
・新オフィスのポイント紹介
・22年卒内定者紹介
・web会議室「チームワーク」部屋 ペイント
・記念ケーキ入刀  など

【新オフィス概要】

移転日: 2021年7月12日
こだわり :
◎社員のチームワークや成長を加速させる居心地がよく、仕事をしやすい機能的な作りを
◎積極的な採用活動のため、学生とのコミュニケーションや育成をおこないやすい環境に
◎SDGsをいつでも意識できるよう会議室のルーム名や装飾に工夫を
特徴的な施設:

施設名称 施設詳細
感涙の鐘

エントランスに設置した金色に輝く鐘。年に一度くらいのとても良いことやうまくいったことがあれば1回大きく、通常の良い出来ことは2回軽く鳴らすことができます。いずれも必ずチームメンバーに見守られながら鳴らすのがルール。東証の鐘からインスパイアを受けて設置したこの鐘で、社内での賞賛文化の活性化や、チームワークを強固にします。

感涙の鐘
Igoods cafe
(アイグッズカフェ)

エントランス入ってすぐ、おしゃれな本格的カフェが出迎えます。カフェの運営は4名の学生バリスタが担当し、カフェの運営方針を策定したり、マナーを学んだり、学生を育成の場、採用活動の場としても活用予定です。コーヒーなど15種類以上のメニューには、プロテインやヨーグルトなどの健康的なものに加え、「スマイル」「ジョーク」といったメニューも。「ジョーク」を注文すれば、スタッフがとびきりのジョークを披露して和ませてくれ、気分転換にお勧め。

Igoods cafe
クリエイティブルーム

主に説明会やインターンなどの採用活動や、大人数での会議に使用。卓球台もあり、コミュニケーションの場にも最適。採用活動に力を入れているアイグッズならではの工夫として、扉は全て透明して、採用チーム以外の社員が様子をうかがえるようにしています。

クリエイティブルーム
赤ちゃんルーム

女性社員が8割の当社は、結婚・出産をした後も長く働けるように今から準備をした部屋です。子連れ出勤し、育児兼会議ルームとして使用できます。はだしで利用できる小上がりや、低い目線の位置にしたモニター、クッション素材の歩行スペースなど、安心して子どもを遊ばせられます。

赤ちゃんルーム
おじさんルーム

シックで落ち着きのある小会議室として使えるこの部屋は、「赤ちゃんルーム」と対比して、ユーモア溢れる「おじさんルーム」と命名。

おじさんルーム
Web会議室

オンライン商談などに使いやすい会議室で、個室が11部屋、2名用が4部屋の合計15部屋も完備。行動指針やSDGsの重点目標などをルーム名にして、各部屋にはテーマにあった色や壁紙の柄にしてすべて防音設備も。室内にはモニターやコードレス充電器、肌がきれいに見えるライティングなども設置しています。

Web会議室
SDGsルーム

たくさんの植物を飾ったナチュラルな雰囲気の最大10人が入れる会議室は、「SDGsルーム」と名付けられ、スケルトンなガラスの壁にはSDGs17のゴールマークがデザインされています。ゴールマークとともにアイグッズのマスコットキャラクターのアイくんもいて、SDGsを楽しみながら意識できるようにしています。6月より販売を開始したサステナブルグッズ事業でも使用しているコーヒー豆かすを再利用した壁や椅子、服を再利用した机なども使用しています。

SDGsルーム

報道の方々 お問い合わせ:03-6447-7742(本社)
アイグッズ広報担当 根岸

関連コンテンツ