〒108-0073 東京都港区三田1-1-15 Azabu 3F

アイグッズの新卒採用

新型コロナウイルス感染
拡大対策の商品特設ページはこちら

お客様と真摯に向き合いながら、最善を模索し続ける仕事。

グッズディレクター インタビュー

グッズディレクター インタビュー

GOODS DIRECTOR INTERVIEW

自分自身の成長が、
会社の成長へと繋がっていく。

アイグッズに転職を決めた理由は何ですか
当社の社長が掲げていた「即戦力ではなく、人を作っていく採用」に強く共感したのが一番の理由です。前職では食品メーカーに勤めており、その仕事にやりがいも感じていましたが、組織が大きな分、仕事の範囲も限られ、「もっと色んなことに挑戦して、成長していきたい!」と感じながら働いておりました。

そうした中で出会ったのがアイグッズ。アイグッズはいわば全くの別業界であるため、グッズに当初は全く興味がない私でしたが、「人を育て、人の可能性に本気で向き合い、人と共に成長させていこう」という考えが、事業内容問わず、とても輝いて見えたのです。

ここでなら、もっと自分自身を表現できる。自分の成長が会社の成長の原動力となり、会社創りにも貢献していくことができる。そうした熱い想いが沸々と芽生え、入社を決意しました。

グッズ制作の始まりから終わりまで。
責任を持って仕事に取り組む。

グッズディレクターという仕事の魅力を教えてください
グッズディレクター インタビュー 当社のグッズディレクターは、クライアントの要望を形にする営業的な側面と、実際にグッズの制作を管理するディレクターとしての側面の2つを持っています。

最初はお客様もイメージでしかなかったグッズが、何度も商談を重ねることで徐々に具体的になっていき、それが形として出来上がった時は、毎回何とも言えない喜びがありますね。アイグッズでは、企画を提案してからグッズを世に送り出すまで自分達でやるので、お客様の要望や想いを直接工場と打ち合わせをし、細かいところまで作り込んでいくことができます。プロジェクトをゼロから責任を持って進めていけるのは、大きなやりがいに繋がっています。

一方で、受注ができれば仕事が終わるわけではなく、そこから納品までをいかにスムーズにこなせるかも、グッズディレクターの腕の見せ所です。クライアントの希望を単純に聞き入れるだけでは、良い商品を作ることはできません。自分たちにできることは何なのかをしっかりと伝え、希望と現実のちょうど良いバランスを見つけていかなければなりません。

一度、ある有名バンドのコンサートグッズ制作を受注した時、想定していた仕様と実際のサンプルに違いが出てしまったことがありました。納期も差し迫る中、中国の工場まで直接出向き、生産ラインを止めて指示をし直し、何とか納品することができたのですが、この時は本当に大変でしたね。自分が諦めたら、この仕事に携わった人すべての期待を裏切ることになってしまう。そんな責任感が、私の背中を押してくれました。

正直、やらなければいけない業務は多岐にわたります。しかし、苦労をすることはあっても、大変だと思うことはありません。むしろそうした経験をたくさん積むからこそ、幅広い知識やスキルが身につき、自分が成長しているという実感を得ることができるのです。苦労の先に、唯一無二のグッズが出来上がった時は、毎回初めての時と同じぐらいうれしい気持ちになってしまいます。

グッズ制作の先にある、
素晴らしい“思い出”を目指して。

仕事をする上で心がけていることはなんですか。
グッズディレクター インタビュー 常にお客様にとっての最善を模索する、ということです。意外に思われるかもしれませんが、アイグッズの営業は受注することを目的とはしていません。お客様のモノづくりを成功に導くことが使命。時には、他の会社の方をおすすめすることだってあります。自分たちの売上のために、お客様を困らせてしまうようなことがあってはいけませんから、真摯に、お客様にとっての最善を探し続けています。

加えて、可能性を探る、ということも忘れてはいけません。多くのクライアントと接していると、一見すると無理な依頼をされてしまうことも少なくありません。そうした時に、「できません」というのは簡単です。しかしそれでは、せっかく頼ってくれたお客様の気持ちをないがしろにしてしまうことにもなるでしょう。お客様がより難しい仕事や厳しい仕事を信頼して任せてくれるようになるということは、寄せられる信頼もそれだけ大きくなっているということ。「こうすればできるかも」「この方法ならどうだろう」というのを常に探り、クライアントの想いを真正面から受け止められるようにしています。

アイグッズはグッズ制作会社ですが、本当に作っているのは、クライアントやエンドユーザーがそのグッズを通して得られる“思い出”と言っても過言ではありません。
だからこそ、尊い仕事だと思いますし、高い志で日々の仕事に取り組めているのだと思います。

挫折を糧とする

心が折れそうになったことはありますか?
また、以前の私は「目標は絶対達成しなければならないものだ」と考え、達成が困難な状況に直面した時に悩んでしまう事も多くありました。
しかし、そんな時に本田圭佑選手がインタビューで「失敗か成功かじゃなくて、成長に捉われなければいけない」と言っているのを聞いてハッとさせられたんです。できた、できなかったではなく、自分がどれだけ成長できたのかに注目すれば、何かあった時も乗り越えていける。できなかったことに対しては素直に反省し、できたことは素直に喜ぶことを大切にする。
そうして自分の成長を感じることが、今の仕事のやりがいになっています。
グッズディレクター インタビュー

お客様が喜ぶ最高の仕事がしたい

これまで一番嬉しかった出来事は何ですか?
そうですね。新しいお客様に信用してもらえた時ですね。
ライバルが沢山いる中でアイグッズに受注を決めてくれたお客様が「手塚さんたちが私たちのことを凄く理解してくれていて、品質に熱心に向き合ってくれたので…」とおっしゃってくださった事があったのですが、その時は今までにない喜びを感じました。アイグッズの体制をお客様が納得して信用してくれたんだって。
お客様が、より難しい仕事や厳しい仕事を信頼して任せてくれるようになると、お客様に信頼してもらえるグッズディレクターになれたのかなって、自分のやってきたことは間違いじゃなかったという自信が出てきますよね。
アイグッズには社員一人ひとりに色々なチャンスがあるので、多くの場面で常に成長を感じていますし、そのチャンスの分だけ喜びがあります。

前向きな姿勢で取り組めば、
結果は必ず返ってくる。

就活生にメッセージをお願いします。
選択肢が複数あった時に正解を選ぼうとしないことです。
正解を選ぼうとすると残りは必ずハズレになっちゃいますよね。本当は正解もハズレもないんです。
むしろ、自分が選んだものが正解になるように挑んで欲しいですよね。選んだ選択肢を信じて、それが最善になるように努力する心意気が大切だと思います。
「入社したらこういうことがしたい」「入社したらそれを正解にしよう」という気持ちを持って頑張って欲しいと思います。

グッズディレクターの1日

時計
7:00起床。今日も一日頑張ろう!
時計
出勤 8:15音楽を聴きながら、コーヒー片手に出勤!
時計
8:30 出社後、まずは朝の勉強会。
今日は今季のトレンドをみんなでシェア。
流行のチェックはグッズディレクターとしては欠かせない!
時計
9:00 勉強会に参加後、デザイナー二人と案件情報をシェア。
時計
会社訪問 11:00 サンプルをお客様に見せるためアパレル会社へ訪問。
緊張する瞬間です。
時計
13:00 昼休憩後、化粧品会社に訪問。
新規のお客様なので、アイグッズの良さをしっかりアピールしつつ、丁寧なヒヤリングを心がけます。
時計
16:00 音楽会社に訪問。今回はライブグッズの打ち合わせです。
ライブグッズはタイトなスケジュールの中、アーティスト本人が納得するグッズを作らなければならない。だからこそやりがいがある!
時計
17:00 仕入先様がご来社。お願いしている商品を一緒に検品。
商品が出来上がった後も、気を抜かず、自分の目でしっかり品質を確認します。
時計
18:00 明日のコンペのために企画書作成準備。
大きい案件でライバルも多いため納得いく企画書を作ります!
時計
18:30 明日の準備もそろそろ終わるし今夜はまっすぐ家に帰って語学の勉強します!

グッズディレクションチーム

グッズディレクションチーム

大学卒業後、東証一部上場大手食品メーカーを経て、2016年にアイグッズ株式会社に参画。
大手アパレルブランド、アミューズメント会社を中心にフルオーダーオリジナルグッズの企画・立案・生産管理に従事。クライアントにとっての最善を常に模索し、幅広い視野を持った抜群の提案力を武器に活躍中。近年は職場活性化、社風改善にも乗り出しチーム力の底上げの一躍を担う。

この先輩と話す