〒108-0073 東京都港区三田1-1-15 Azabu 3F

アイグッズの新卒採用

新型コロナウイルス感染
拡大対策の商品特設ページはこちら

デザインを仕事にすることの難しさと楽しさ。

デザイナー インタビュー

デザイナー インタビュー

DESIGNER INTERVIEW

この人たちと一緒に働きたい。
それが志望動機

アイグッズに入社した理由を教えてください
大手小売店で接客の仕事をしておりましたが、学生時代に勉強していたデザインの面白さや、「デザイナーとして人々に貢献したい!」という夢を諦めることができず、転職を決意しました。そうして、デザイナー募集をしている会社を広く探していく中で、アイグッズに出会いました。

最初は未経験からでもデザイナーになれるという珍しい求人ということで応募したのですが、選考が始まり、社長をはじめ、たくさんの先輩社員と接点を持つうちに、アイグッズで働く人々の魅力に惹かれるようになったのです。

この人たちと一緒に働きたい。そう素直に思うことができたからこそ、アイグッズへの入社を決意しました。

デザインを通して、自身の成長を実感

仕事を通してやりがいを感じるのはどんな時ですか
デザイナー インタビュー 自分がデザインしたグッズが、お客様の希望に沿い、無事量産に移れた時はやはりうれしいですね。学生の時は自分の好きにデザインをしていましたが、そうではなく、お客様のブランドのイメージをしっかり調べて、それに合ったデザインをしていくことが求められます。そこで認めていただけるということは、私のエゴではなく、お客様に寄り添い理解した上でデザインすることができたということなので、学生時代には味わえなかったやりがいと感動があります。

たまにデザインの希望などが全くない、まっさらな状態からスタートしなければならない案件もあるのですが、そういう時はグッズディレクターや他のデザイナーとも相談しながら、チームで仕事を進めていきます。一体感を感じながら仕事ができるのは、アイグッズならではの魅力ですね。

また最近では、デザイナー募集用のポスターや、社内イベント用の資料などのデザインも任せてもらえるようになりました。直接利益を生む仕事ではないかもしれませんが、グッズのデザインのみにとどまらず、様々なデザインに挑戦することで、自身のアイデアの幅も広がり、成長を実感することができています。
デザイナー インタビュー

グッズデザインのスピードで
お客様に価値提供できるように

今後の目標を聞かせて下さい
デザインという仕事の特性上、どうしてもまだ個人個人のアイデアに頼ってしまっている部分があります。もちろん、自分自身のアイデアを磨いていくことも大切なのですが、もっとデザイナー同士の頭の中を共有できるような仕組みがあれば、今以上にグッズデザインの時間を短縮し、効率良くたくさんのアイデアを出すことができます。それはチームとしての力を強化していくことに必ず繋がっていくと思いますし、お客様が求めるデザインに近づくスピードが速くなることで、ものづくり(生産)にかける時間が確保され、結果的に安心・安全なグッズをお届けすることにつながると考えます。

そうした背景もあり、現在はデザイナーが担当した各案件をデータ化し、ノウハウノートを作る作業を進めています。これを見れば、例え新人であっても理想のデザインがで即座にできるようになる、そんな仕組みを皆さんが入社するまでに構築してみせます。

自分の信じた道を突き進む

就活生にメッセージをお願いします
就職活動をしていると、色々な情報が飛び交い、どうするのが正解なのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。もちろん、アドバイスを素直に聞き、参考にすることも大切ではあるのですが、最後の決め手になるのはやはり自分の意志です。

やりたいことがあるのであれば、誰が何と言おうと必ず挑戦すべきです。そうして選んだ道にこそ、自分の理想のキャリアが描けるはずです。簡単にはぶれない、強固な軸を持つためにも、今一度自分は何がしたいのか、じっくりと考える時間を持つことも大切でしょう。

デザインチーム

デザインチーム

2017年12月入社。デザイン系の専門学校でデザインを学び、デザイナーとしての道を志す。丁寧な情報収集が強みで、ブランドイメージを外さないデザインは、多くのクライアントから信頼を集めている。また社外だけではなく社内向けのデザインにも精力的に取り組み、自身のアイデアの引き出しを増やす一方、デザインチーム全体のスキルの向上にも尽力している。

この先輩と話す